セルロース断熱工事

断熱性・防音性・防燃性・防虫性・気密性を兼ね備えたセルロースファイバー(木質繊維素材)。健康と安全に配慮されたセルロースファイバー(木質繊維素材)は、あなたの想いを形に変えてくれる断熱材です。


アップルゲートセルロース断熱

品質の高さと安心で選ぶなら、アップルゲートセルロース断熱

セルロース断熱とは、パルプを原料とする紙製品を再利用してつくられた細かな紙片状の断熱材を、専用の装置を使って壁の中や屋根裏などに施工するものです。断熱材にもさまざまな種類がありますが、性能、健康、環境など総合的な面でセルロース断熱は理想の断熱と言えるでしょう。全米No.1品質の断熱材を用い、アメリカで認められた最高水準の施工技術を日本に導入して、セルロース断熱の普及に努めています。


アップルゲートセルロース断熱

火に強く万一の際も安心です

アップルゲート セルロース断熱は、JIS A 1321に規定する難燃3級表面防火試験に合格。さらに、アップルゲート セルロース断熱の外壁は、国土交通大臣により防耐火構造であることが認定されています。また、万一火災の場合でも有害物質を発散することはありません。
<1時間耐火構造>
建築基準法第68条の26第1項(同法第88条第1項において準用する場合を含む)の規定に基づき、同法第2条第七号の二並びに同法施行令第115条の2の2第1項第一号イ及びロ(間仕切壁(耐火壁):各1時間)の規定に適合。
認定番号:QF06OBP-0028

省令準耐火建物となるため木造住宅でありながら優級構造であるT構造になります。

T構造・H構造等の建物の構造級別は、柱の区分や法令上の耐火基準により判別します。構造級別の判定基準は、取扱幹事代理店または引受保険会社にお問合せください。 <住宅建物総合保険 マイホームぴたっとプラン>


アップルゲートセルロース断熱

レトロフィットTM(既存住宅への断熱施工)

「快適でない住まい」は、断熱がきちんとできていないことが原因であることが多いのです。最も簡単な改善方法は、天井裏に「断熱」をすることです。断熱材が置いてあるだけでは断熱はできません。断熱層を作りましょう。新築と同じように、天井裏に200㎜の厚みに隙間なく断熱材を吹き付けます。これをするだけで…
  • 夏・・・屋根がジリジリ熱くなって輻射によって室温が上がるのを、天井裏の断熱が阻止します。
  • 冬・・・暖かな空気が対流で上昇し天井から熱が逃げるのを、天井裏の断熱が阻止します。


アップルゲートセルロース断熱

ウォールスプレー工法 <手順 ①>

① 断熱施工前
配管や配線まわりなど、大小さまざまな隙間が存在します。


アップルゲートセルロース断熱

ウォール・スプレー工法 <手順 ②>

② ウォール・スプレー(吹付け)
ウォール・スプレーで間柱の間を断熱材で完全に埋めます


アップルゲートセルロース断熱

ウォール・スプレー工法 <手順 ③>

③ 削ぎ落し
専用スクラバーで間柱の高さに揃えて不要な断熱材を削ぎ落します。 削ぎ落とされた断熱材は再度機械に入れて全部使い切ります。


アップルゲートセルロース断熱

ウォール・スプレー工法 <手順 ④>

④ 断熱施工後
セルロース断熱が壁に密着し、壁膣が完全に塞がれ、断熱層がしっかりと作られています。


アップルゲートセルロース断熱

床 <施工前>

① 床も施工することでセルロースに囲まれ、より断熱効果が発揮されます。


アップルゲートセルロース断熱

床 <施工中>

② 防湿性能のある専用シートを張ります。


アップルゲートセルロース断熱

床 <施工後>

③ セルロースを機械で細かくし、スプレーで吹くことにより、隅々まで施工しています。